記憶力向上に効果あり?アラキドン酸を徹底解剖

「アラキドン酸」とは卵やレバーといった食品に含まれている脂肪酸の一つで、魚油に含まれるDHAやEPAと同様の不飽和脂肪酸の仲間に入ります。

 

さらに分類するとDHAやEPAは「n-3系脂肪酸」に属し、アラキドン酸は「n-6系脂肪酸」に属します。アラキドン酸は体内ではリノール酸からY−リノレン酸、ジ・ホモY−リノレン酸を経て生合成されます。そしてY−リノレン酸とともにビタミンFとも呼ばれており、植物からはほとんど摂取することが出来ません。

 

また、乳児の脳や体の発達に欠かせない成分で、特に1歳未満の子供は、体内でアラキドン酸を合成する力が弱いので、粉ミルクなどにもこの成分を添加したものが販売されており、この成分が子供の成長に欠かせない非常に重要な物であることも分かります。そして、アラキドン酸は体内で細胞膜を構成する主要な成分の一つであり、脳だけでなく、肝臓や皮膚などのあらゆる組織に存在している成分でもあります。

 

脳のリン脂質には、DHAについでこの成分が多く含まれており、固まりにくい性質を発揮して、脳独自の柔らかい構造を作っています。DHAとアラキドン酸は脳細膜を柔軟に保って脳の働きを支えています。

 

この様に脳細胞を柔らかくする働きにより、スムーズに情報伝達出来るようになる効果を出すので、学習力や記憶力、集中力などを向上させます。逆に、この成分が不足すると物忘れなどの記憶力の低下や集中力の低下を起こすことから、人間の記憶の機能に大きく関係してる成分であることが分かります。

 

そして、この成分はプロスタグランジンという生体調節ホルモンの材料となるため、血圧をコントロールし、高血圧を予防する効果があります。その他にはコレステロールを下げる効果もあります。

 

この成分は食事やサプリメントから摂取することができ、食品でいうと、植物からはほとんど摂取することが出来ませんが、肉類、魚類、レバー、卵などの動物性食品に多く含まれています。

≪物忘れが激しい方向けサプリメント≫記憶力アップに効果あり? TOPページへ戻る>>