アメリカと日本ではサプリメントの捉え方、考え方に大きな違いがあります。

これは健康保険制度の違いが最も大きな原因です。

 

日本では国民全員が健康保険制度への加入を義務付けられています。健康保険症を提示すれば医療費の三割負担で済みます。

 

しかし、アメリカでは国民全員が健康保険に入らなければいけないという決まりはありません。病気になった際、ほとんどの人が高額な医療費を支払わなければならないので「事前に病気を予防しよう」という予防意識が日本よりも高いのです。

 

これはサプリ業界だけではなく、アメリカ国民全体に言えることです。サプリメントに対する目も厳しくなっており、企業は商品も情報も数多く公開しています。サプリ専門の法律もちゃんと整備されているので、企業もいい加減な製品は作れませんし、情報を隠したりも出来ないのです。このように法整備があるところも違います。

 

アメリカにおけるサプリメントは予防薬のような位置付けで、効果や効能、飲むタイミングなどがハッキリと記載されています。日本の場合はサプリメントは栄養補助のための食品扱いなので、アメリカのように用法・用量を細かくは記載していません。

 

アメリカのサプリメントは通常のものと、医療用のものがあります。日本製のサプリメントと違い、成分の含有量が極めて高いのが特徴です。

 

また、様々な加工が施されているものがあります。例えば、胃ではなく腸で溶けるようにカプセルをコーティングしているタイムリリース加工等、サプリメントの効果が最大限に発揮するための加工がされています。他にも崩壊基準の設定、ゼラチン以外でのカプセルが認められている等があります。

 

日本製とアメリカ製のサプリメントはどちらの方が効果が高いかというと、アメリカ製のものです。サプリ専門医がその人の病状、状態に合わせたサプリを処方します。医学界とも密接に連携をとっていますので、更に効果の高い製品を開発しています。

 

≪物忘れが激しい方向けサプリメント≫記憶力アップに効果あり? TOPページへ戻る>>