サプリメントを飲むタイミングで正しいのは?効果的なのは?

医薬品のようにサプリメントの表示ラベルにはいつの時間帯に飲むのが効果的か、飲むタイミングが表記されていません。サプリメントは医薬品ではなく、法律的には『食品』に分類されているため、もともと飲む時間等を表示することが出来ないのです。そのためサプリメントを買ってはみたものの、飲むタイミングや時間帯がわからなくなってやめてしまったというような悩みをもつこともあります。

 

しかし、もともとサプリメントは医薬品ほど体に対する負担が大きいわけではありません。つまり健康補助食品なので医薬品の解熱剤のように効果がすぐにあらわれるというわけでもないということで、やはり継続的に飲み続けることが大切です。しかしビタミンやミネラル、アミノ酸が主体のサプリメントは研究がすすみより効果が期待できる時間帯や飲むタイミングがわかっています。

 

まず脂溶性ビタミンとよばれるビタミンA・ビタミンD・ビタミンKは体内に蓄積されやすい、体外に排出されないビタミンです。そのため食間や空腹時に摂取すると、サプリメントからの吸収率が低下します。吸収率が低下するというのはどういうことかといえば、各種栄養素が「血液」の中に取り込まれにくくなってしまうことを指します。そのためこれらのビタミンは食感や空腹時ではなく、食事中や食後すぐの摂取が最適です。

 

水溶性ビタミンとよばれるビタミンB群・ビタミンCは体に蓄積される量が少なく体外への排出がはやいために一日に数回に分けて摂るようにして、特に食後に摂取すると効果的です。

 

カルシウムやマグネシウムなどのミネラルはアルカリ性。胃酸を中和する傾向があり、そうなると消化不良がおきやすくなってしまいます。食後から2時間は控えて食前に摂るようにしましょう。

 

アミノ酸のサプリメントを食事中に摂ってしまうと食品の方に含まれているアミノ酸の吸収が最初に行われてしまい効率が悪くなるので、空腹時や食後数時間後に飲むのがよいでしょう。

 

≪物忘れが激しい方向けサプリメント≫記憶力アップに効果あり? TOPページへ戻る>>