簡単にできる記憶力をアップさせる方法

歳を重ねるごとに記憶力は低下していくものですが、記憶力の低下を防ぐ方法がいくつかあります。

 

順に見ていくことにしましょう。

食生活の改善

まずは、食生活の改善が挙げられます。

 

記憶力アップによいとされる食べ物の代表は緑茶です。緑茶には抗酸化作用のある栄養素やビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、認知機能を強化する効果があります。毎日の食事に緑茶を取り入れることで、簡単に記憶力をアップさせることができます。また、アンチエイジングにも効果があるので、脳の機能の低下を防ぐこともできます。

 

他にも、ブルーベリーやナッツ、チョコレートにも記憶力をアップさせる成分が含まれています。ブルーベリーにはアントシアニン効果があり、記憶力の低下を防いでくれますし、ナッツに含まれるマグネシウムやミネラルには、脳を活性化させて、物忘れをなくす効果があります。チョコレートには集中力を高める効果があるため、暗記などをするときに食べるのがおすすめです。

 

質のよい睡眠を

食事の改善以外では、しっかりと睡眠をとることが大切です。質のよい睡眠をとることによって、日中の集中力を高めることができるので、物忘れをすることが少なくなります。

 

さらに、人は日中覚えたことを眠っているときに整理するので、睡眠をとることは非常に大切です。普段は物忘れをしない、記憶力もいいほうだ、という方の場合においても、睡眠不足の日は頭の冴えが悪くなっているのを感じることが多いでしょう。

ゲーム・スポーツなど

トランプやチェス、将棋などのテーブルゲームで遊ぶのも記憶力をアップさせる方法の一つです。これらのテーブルゲームは、状況を把握したり相手の手を覚えたりといったことが重要になってくるので、遊んでいるうちに自然と記憶力のトレーニングを行うことができます。

 

この他にも、適度にスポーツを行うことも大切です。スポーツと記憶には一見すると関係がなさそうですが、体を動かすことで体内に酸素を送り込むことができ、集中力を上げることができます。週に数回程度の運動でもよいので、繰り返しているうちに自然と物忘れがなくなっていくのが実感できるかもしれません。

 

これらの方法をいくつか組み合わせて、物忘れをなくしていきましょう。

 

≪物忘れが激しい方向けサプリメント≫記憶力アップに効果あり? TOPページへ戻る>>