植物ステロールとは?

コレステロールが高いと様々な弊害が出てきます。自覚症状がないため健康診断で初めて気が付く人も居ます。過度に高い状態を脂質異常症と言い動脈硬化の原因になります。そんな恐ろしい症状を引き起こすコレステロールを引き下げるには植物ステロールが有効です。

 

コレステロールの吸収を抑えることは、結果的に血液の中の悪玉コレステロールの抑制へと繋がります。善玉コレステロールには影響はありませんので心配することなく摂る事が出来ます。

 

植物ステロールとは、広く植物に含まれるもので植物の細胞を作っているものの一つです。細胞を健全に保つ働きがあるため人間は勿論、全ての生物に必要不可欠です。

 

植物ステロールはあまり知られてはいませんが身近な食材に含まれています。その代表が大豆やごま、落花生です。どの食材も健康に良い働きをしてくれると言われていて、その背景として植物ステロールが含まれているからです。

 

しかし食事から必要な量を摂取しようと思うと限界がありますので、その場合はサプリメントから補うのも良いでしょう。また健康サラダ油にも含まれていますので、上手に料理に摂りいれる方法もあります。

 

植物ステロールは老化や生活習慣病を十分に防ぐ効果があり、コレステロールを下げるだけではなく体全体に良い影響を与えてくれます。食物ステロールを毎日欠かさず摂り続けると、必ずコレステロールが低下する作用が分かっていますので、コレステロールが気になる人以外も予防する意味で摂取しましょう。

 

またよく植物ステロールとコレステロールの違いがあげられますが、コレステロールは動物ステロールとも呼ばれ体内に吸収されてしまうのに対し、食物ステロールは消化吸収されずしっかりと体外に排出されます。

 

体の余分なコレステロールをしっかりと排除してくれる働きもあります。また排尿の障害も予防してくれるので様々なメリットが確かに実感できるでしょう。重大な病気になる前に普段から摂取を心がける必要があります。

≪物忘れが激しい方向けサプリメント≫記憶力アップに効果あり? TOPページへ戻る>>