アスタキサンチンの抗酸化力

まず、アスタキサンチンとはいったいなんでしょうか。

 

アスタキサンチンとは、昔から身近に存在するカロテノイドの一種です。例えば緑黄色野菜のトマトの赤い成分リコピンやニンジンの橙色成分β−カロテンがカロテノイドと呼ばれる天然色素で、これらと同じ仲間なんです。

 

アスタキサンチンは身近な海産物から摂ることができます。鯛、鮭、えび、かに、などの赤い生物はアスタキサンチンを含む餌を取り入れるため体が赤いのです。本来は白身の魚である鮭はアスタキサンチンを多く含むオキアミを餌にして、大変な環境やストレスに打ち勝つため、筋肉に貯めているため赤くなります。そしてその卵もアスタキサンチンによってダメージから守られているんです。

 

では、どうやってダメージから守られているのでしょうか。それがアスタキサンチンの強い抗酸化力なんです。

 

酸化とは、おおまかにいうと錆びるということです。例えば、金属が錆びたり、リンゴが変色したり、油の色が変わったりすることです。空気中の酸素と物が結びついて起こります。それは酸素を吸っている人間も同じです。

 

食事や呼吸で酸素が取り入れられ、栄養素と酸素が細胞内でエネルギーに変えられて人は生きています。それと同時に、一部の酸素が物質を酸化する活性酸素に変わります。

 

活性酸素は侵入してきた病原菌をやっつけてくれますが、過剰に発生すると様々な病気の原因になると言われています。元々、人は抗酸化作用を持っているですが、紫外線やストレスなどで多く発生してしまった時、この作用が落ちてしまうのです。

 

そこで、抗酸化力が強いものを取り入れていく必要があります。

 

他の成分でも抗酸化作用をもっているものもあるのですが、細胞を守っている二重の細胞膜の中か外にしか存在できません。しかし、アスタキサンチンの場合は細胞膜を貫通できる力があります。

 

だから細胞全体を守ることができる、大変強力な抗酸化作用を持っているのです。積極的に摂り入れて、アンチエイジングや疲労対策をしたいものです。

≪物忘れが激しい方向けサプリメント≫記憶力アップに効果あり? TOPページへ戻る>>