えごま油に含まれるα-リノレン酸

えごまとは、しそ科の植物です。このえごまの種子から抽出された油が、えごま油です。しそ油と呼ばれることもあります。この油は、最近、健康や美容に対して良い影響をもたらすと言うことで注目を集めています。何故、良い影響をもたらすとされているのかと言うと、えごま油にはα-リノレン酸と言う成分が豊富に含まれているためです。

 

α-リノレン酸は必須脂肪酸のひとつで、必須脂肪酸は文字通り、人間の体には必須とされている栄養素なのですが、人間の体内で作ることはできません。そのため、食品などから摂取する必要がある栄養素です。えごま油を摂取することでα-リノレン酸が摂取できるわけですが、それがどのような良い影響をもたらしてくれるのかと言うと、まずは認知症の予防です。

 

これはα-リノレン酸は、体内でDHAやEPAと言う物質に変換するのですが、これらの物質は脳の血流を促進する役割を持っています。脳の血流が促進されると、脳細胞が活性化され、それにより脳機能や健康の維持や改善が期待できると言うわけです。

 

それからα-リノレン酸には、血中の中性脂肪の値を下げる機能があると言われています。血中の中性脂肪が上昇すると、高血圧や動脈硬化と言った生活習慣病が発症するリスクも高くなるため、それを予防、改善するためにはえごま油は有効です。

 

またα-リノレン酸には抗炎症作用があります。ですから、ニキビの原因となる菌の増加を防ぐことが期待できるため、ニキビ予防にも役立つとされています。更には、肌の潤いやハリを保つためには欠かすことができないコラーゲンの生成にも、α-リノレン酸は一役買っています。健康面だけではなく、美容面においても、えごま油を摂取することは良い影響を期待できるとされているのは、こうした理由のためです。

 

えごま油は油ですが、体に溜まりにくい性質を持っているので、摂取することに抵抗が少ないのも非常に魅力的です。ただしα-リノレン酸は、加熱に弱いと言う性質があります。健康、美容のことを思ってえごま油を摂取するのであれば、加熱をしないで生のまま摂取することが必要です。

 

≪物忘れが激しい方向けサプリメント≫記憶力アップに効果あり? TOPページへ戻る>>