受験勉強・試験対策のために記憶力を高めるには?

受験や試験の為の勉強法において、大切なことは勉強時間を無駄にしないために、脳の性質を活かした勉強法や記憶術を使用することが大切になります。特に暗記においては、単純な作業を続けることになるため、集中力を高めるためにも工夫が必要となります。

 

 

まず人間の脳は、記憶において海馬を中心としています。海馬は短期記憶と長期記憶をつなぐ働きをしているのです。短期記憶は短時間で忘れる記憶のことです。一時的な記憶であるために、長期間覚えておくことができません。

 

 

長期記憶は知識を長期間保存しておく記憶です。受験や試験などで良い点数を獲得するためには、多くの知識を長期記憶に保存しておくことが必要になります。

 

 

勉強法や記憶術において大切になるのは、主に長期記憶です。そのため、長期記憶を可能にする勉強法や記憶術を行う必要があるのです。

 

 

情報は短期記憶から長期記憶に移行します。睡眠中に短期記憶から長期記憶に情報が移動することになりますが、その時に海馬により、必要な情報がそうではないか判断されることになります。海馬は脳にとって、門番のような働きをしているのです。

 

 

暗記をする場合には、海馬に暗記したい情報の重要性を認識させることが必要になります。そのために勉強法や記憶術を使用することになるのです。

 

 

長期記憶に移行しやすいのは、インパクトのある知識です。覚えたい情報が面白かったり、うまくゴロ合わせが出来た場合には、その記憶は長期化されやすいのです。逆に興味が無かったり、無理矢理こじつけたゴロ合わせの記憶術では、長期化されることは難しくなります。

 

その知識の背景をイメージできると、長期化されやすくなります。なので記憶術では、知識を身につける際に、頭の中のイメージをフル活用して暗記するのです。

 

また脳は失敗した情報を記憶しやすいという性質があります。なので勉強法では、間違えることを恐れずに問題を解いていくことが大切です。このときには出来るだけ本気で解答することが大切で、思いっきり間違えることで知識として定着させやすくなります。

 

≪物忘れが激しい方向けサプリメント≫記憶力アップに効果あり? TOPページへ戻る>>