疲労回復効果・覚醒効果で注目されるガラナの豆知識

ガラナは、南米のアマゾンに生息するつる性の植物で、熟した赤い実から採取される黒い種子に、グァラニンというカフェインに似た成分が含まれていて、疲労回復や持続的な覚醒効果があります。

 

適量だと、健康を害する心配はありませんが、不整脈や不眠などの副作用もあるので過剰摂取は避けた方がよいです。

 

南米北部のアマゾン熱帯雨林地域に生息つる性の植物で、一枝に密集して出来る赤い実が特徴です。赤い実が熟すと中から黒い種子が出来るので、これを砕いて炒り、水やタピオカを加えて加工したものをガラナエキスと呼ばれていて、飲食物や薬の原料になっています。

 

カフェインに似たグァラニン以外にも、テオブロミンやタンニンなど多種の成分が含まれています。グァラニンはカフェインと同様、疲労回復や覚醒の効果があります。アマゾンの原住民は、疲労回復や覚醒効果を得るために、ガラナティーを飲用してきました。

 

カフェインに比べると、代謝に時間がかかるので穏やかな覚醒効果が長く維持します。また、習慣性もありません。

 

脳を刺激し、覚醒させて集中力を高める働きがあるといわれていて、運動能力を高める効果や疲労回復効果、利尿作用によるむくみの予防や改善、脂肪燃焼作用などのダイエットなども注目されています。

 

興奮剤や鎮痛剤、下痢、頭痛や片頭痛の薬として伝統的な治療にも使われています。強壮効果や疲労回復、鎮痛作用、解熱作用などがあるといわれていて、サプリなどにも多く利用されています。

 

飲料としては、主にブラジルで利用されていますが、日本でも製造されて販売されています。とくに北海道で人気があり、炭酸医療やガラナサワー、ガラナバー(アイスキャンディー)などがコンビニエンスストアでも販売されています。

 

また、強壮剤の一種として、チョコレートやガム、タブレットなども販売されています。

 

過剰摂取は禁物ですが、適度な量なら様々な作用をもたらしてくれますので、必要なときに摂取するとよいです。

 

≪物忘れが激しい方向けサプリメント≫記憶力アップに効果あり? TOPページへ戻る>>