物忘れが最近激しい・・・

「うっかり」ということが最近増えた・・・

記憶力をもっと上げたい・・・

勉強・仕事への集中力を上げたい・・・

 

という方に人気のサプリが「DHA・EPAサプリ」です。DHA・EPAは青魚に多く含まれている成分なのですが、食生活の欧米化・不規則な食事などにより、今の日本人は「DHA・EPA」が足りていない方が多いのです。

 

厚生労働省もDHA・EPAの1日1,000mgの摂取を「日本人の食事摂取基準」の中で推奨しています。「DHA・EPAサプリ」は各メーカーから何種類も発売されていますが、中でも人気があるのが、以下の「きなり」です。

 

 

2015年モンドセレクション最高金賞受賞

リピート率は驚異の92.3%

1日4粒でDHA・EPA500mg摂取できる!

 

 

≪物忘れが激しい方向けサプリメント≫記憶力アップに効果あり?

 

「きなり」の口コミは?

DHA・EPAサプリ「きなり」を実際に飲んでいる人の口コミを調べてみると、

 

物忘れが減ったような気がする。

「うっかり・・・」ということが減った。

頭がさえて、仕事が楽しくなった。

 

という感想の他に、

 

寝起きがスッキリ。朝から頑張れる。

健康診断での数値が改善した。

体がラクに・元気になった。

 

など、頭だけではなく体に何かしらの良い効果を実感できている方が多いようです。

 

「きなり」の口コミに関しては、

 

・リピート率90%超えのDHA・EPAサプリ「きなり」の口コミは?
http://bunnypot.com/dhaepa1/90dhaepa.html

 

も参考になるかと思います。

 

 

物忘れの防止に高い効果を期待できる人気のサプリメント

年齢を重ねるとどうしても物忘れが進行していきます。脳の機能が年齢とともに低下していくのは仕方のないことではありますが、その進行を日々の食事やサプリメントの摂取によって抑制することが可能です。

 

物忘れの防止や脳の機能を維持していくために有用なものとして、アマニ油やウコン、DHA、EPAなど魚に多く含まれている成分が人気です。これらは日々の食事で摂取することができますが体内に必要な量を毎日摂取するのは難しいといえます。

 

≪物忘れが激しい方向けサプリメント≫記憶力アップに効果あり?

 

ここでそれぞれの効果を説明すると、アマニ油にはオメガ3脂肪酸が含まれており脳神経の働きを良くする効果があります。また、血流の促進及び悪玉コレステロールの分解にも期待できます。ウコンにはクルクミンと言う成分が含まれていて、アルツハイマー型認知症を発症させてしまうアミロイドβという物質が脳神経へ蓄積することを防止することができます。そしてDHA、EPAについては脳の機能を維持し、また脳の神経組織を発達させるという効果があります。

 

このように、それぞれの成分が物忘れ防止に深く関わっているわけですが、日々の食事で摂取できる量には限りがあり、必要量を摂取するのがなかなか難しいといえます。そこで近年では、足りない栄養素をサプリメントから補給する方が増えています。

 

例えば、DHAは1日の摂取目安として1g(1000mg)と言われていますが、魚を食べて摂取するには毎日アジやサバ、イワシを一尾食べていないといけません。実際に家庭で毎日のように魚を食べるということはあまりないと思います。また、ウコンを毎日料理に使っている家庭はカレー大国のインドでは当たり前でも日本では限りなく少ないでしょう。

 

このように、物忘れの防止に着目してみても必要な栄養素を摂取しているとはいえません。しかし、現代の日本はサプリメント市場が活発であるため、サプリメントが身近になってきています。やはり、薬よりも安価であることが人気です。また、さまざまな栄養素を一つのカプセルで補うことができる手軽さも人気の秘訣でしょう。ぜひ、皆さんも物忘れをサプリメントで予防、改善してみませんか。

 

記憶力向上に効果のあるサプリ

記憶力を向上させるために有効な成分の代表はオメガ3や6に代表させる不飽和脂肪酸です。中でもDHAは記憶の貯蔵庫である海馬に多く存在しており補うことで脳の機能が活発になります。

 

ギャバも海馬に存在し、脳細胞の代謝を向上させる効果がありますが、加齢とともに減っていくので、外から補うことで集中力を高め、記憶を呼び出しやすくする効果があり、サプリには多用されています。

 

≪物忘れが激しい方向けサプリメント≫記憶力アップに効果あり?

 

このほかに西洋では古くから知られているのがイチョウ葉から抽出したエキスです。抗酸化作用をもつフラボノイドと特有の成分テルペンラクトンが脳内の血流を改善し、記憶力が低下するのを防ぐ効果があります。ホスファチジルセリンは細胞膜に多く存在するレシチンの一種で、比較的最近サプリとして利用され始めましたがフラボノイド同様に脳血管の拡張し、記憶能力の劣化を抑制する効果があります。

 

血液は各細胞に酸素と栄養を運ぶ役割をしており、流れが阻害されると、能力の低下を招きます。こういった有効成分は食事からとることも不可能ではありませんが、材料の調達や調理、食の好みなどを考慮すると毎日定量でとり続けるのは困難なため、サプリが手軽で確実な手段です。

 

記憶力を実際に改善するためには定期的に有効成分をとり、脳細胞間の情報伝達に重要な役割を果たすシナプスの脂肪膜を柔軟に保ち、送受信を活性化させておく必要があります。こういった有効成分は単体で摂取するよりもいくつか組み合わせて摂る方が脳の働きにはプラスです。

 

これに加え、脳の構成要素であるアミノ酸や、働きを円滑にするビタミンやミネラル類も欠かせませんが、サプリは多くの栄養素を一度に補給できるも利点です。野菜が少ない食生活であれば造血作用のある葉酸は積極的にとりたい栄養素です。原材料が自然由来のサプリは基本的に副作用の心配はありませんが、摂りすぎはバランスを崩す原因になりかねないため、規定量を継続的に摂ることが重要です。

記憶力を上げる効果がある食べ物を摂取する習慣をつくる

記憶力を上げる効果をもつ食べ物は多いので、日常の中で摂取するように心がければ記憶力の低下を防ぐことができます。

 

≪物忘れが激しい方向けサプリメント≫記憶力アップに効果あり?

 

記憶力を上げる食べ物として有名なものといえば、青魚があります。青魚に含まれる脂分には、血流を改善してくれるので記憶力を上げるだけではなく体調を改善してくれる効果もあります。

 

ただし、魚に含まれている脂分は焼いてしまうとなくなってしまうものです。有効成分をしっかりと摂取したいのであれば、刺身にしてなるべく早く食べるとよいです。時間が経つと酸化してしまい、効果が薄くなってしまいます。

 

血流を改善する効果をもつものとしてチョコレートがあります。男性女性問わずに摂取できますが、カカオの成分が多く含まれているものを選ぶ必要があります。

 

脳の神経物質を分泌しやすくするためには、ビタミン類をしっかりととる必要があります。ビタミンが多く含まれている食べ物としてはナッツ類があるので忙しい人でも片手間に食べることができます。

 

カロリーを抑えるならば、ベリー類を摂取していくとよいです。抗酸化作用により記憶力の低下を防ぐだけではなく美容にもいい効果をもっています。また野菜類にも抗酸化作用がありますがより効果的なものとなれば、緑色の野菜をしっかりと摂取するとよいです。

 

いろいろと組み合わせていけば毎日摂取することは難しくないといえますが、過剰に食べてはいけません。記憶力を上げる効果は様々な食べ物にありますが、必要以上に摂取してしまうとカロリーが多くなってしまい体調を崩してしまう原因にもなります。適量を毎日しっかりと摂取し続けることが重要になります。

 

食べ物を購入する際は、食べたいものを選ぶということも必要ですが記憶力を上げるかどうかで選ぶことも忘れてはいけません。健康的な食生活をしていれば、必要になる栄養素を摂取しやすい状態になります。食べ物で摂取しにくい場合は、サプリメントなどを活用するとよいです。様々な方法を活用して、必要な栄養素を摂取する習慣を作るとよいです。